ル ー バ ー の あ る 家

メビウスの輪のように

どこまで歩いても終わりのこない 

そんな住宅があったらと思った 

両側から隣家がせまって 

南側も仕事場所 窮屈な周辺環境 

でも南からの光と空はほしかった

長細いヴォリュームを

ぐるんとまるくすると中庭ができた 

自分たちだけの場所  誰からも見られずに 

空を見ることができる場所  

ルーバー: 季節による太陽高度の変化を利用して

      夏は浅く 冬は深く光をとりいれる装置 

2階から南の空にむかって大きな窓をつくった 

そこに光の量を調整するルーバーをつけた 

家の中をグルグル歩いて 

たどりつくルーバーのある部屋 

そこにいけばいつでも視界いっぱいの空 

だからどの部屋にいても 

南の空をおもって暮らすことができる 

study       

 

data

中庭

中庭は「構築された外部」だ 

壁に囲まれ守られた場に内部/室内は

かかわりをもとめて開いていく

するとおだやかに光や風や空

(建築の周りにあるおおきな世界)と

接することができる 

気持ちの良い場所がそこかしこに生まれる 

中庭は生活の中心として大切なものだ

 

回遊

建築は限られた敷地に建っている 

だからふつう廊下はすぐに行止る 

でもその廊下/部屋がドーナツ状に

つながっていれば ぐるぐるといつまでも

歩き続けることができる 終わりのこない動線 

生活していると無限のひろがりをかんじて 

のびやかな気持ちになれる

 

共棲

この住宅には2世帯の家族が住んでいる 

結果3つの領域ができる 

それぞれの世帯の場所と共用の場所 

(今回はダイニング キッチン お風呂などは共有)

家族それぞれのその時の 気持ちに対応できるよう

中庭による対面した部屋の距離感や建具の開け閉めが

室内環境をコントロールする 

 

彩色

フィンランドの人たちは閉じ込められがちな

冬の室内を少しでも雰囲気の明るいものにしようと

意識的に華やかな色彩をインテリアに取り込むという

冬期の生活の知恵である 

富山でもそのことはあてはまると思い

この住宅では部分的に意図的な彩 色をほどこした 

意識化された色彩計画

プロジェクト名:ルーバのある家  

建築用途:専用住宅

所在:富山県高岡市長江

工事期間:2004.03〜2004.08

主体構造:在来木造

主要仕上材:GL鋼板平葺/GL鋼板AT葺

建築面積:101.15F

延床面積:148.40F

    1F:90.27F +2F:58.13F

敷地環境:市街化調整区域内での計画。周辺は工場が多い。

     隣家がせまり 敷地南側には鉄くずがつまれていた

 

 

第37回 富山県建築賞

第46回 富山県デザイン展  奨励賞