process

曲面のある家
 


白で包まれる空間。生活を内包する曲面壁。そこにトップライトから光が落ちる。  
 曲面のある空間は吹抜けており craft shop + ダイニングがある 。開かれた生活空間。ダイニング スペースをパブリックに使うこともできる。大きなパーティションにて分割することも可能。 2階にあるリビングは、大きな窓から空だけが見える。そこにあるダイナミックなW型の木のブレースはこの建物を支える背骨だ。 

 

この計画は、母屋の建っている敷地に、若世帯の独立した住まいを離れとして建てる?ものである。 同居するわけではないが、同じ敷地内に住まうことになる親世帯に対してのいろいろな影響を鑑みたつくりとなった。施主からは、外からはほぼ中が見えない住まいを要求された。結果、開口部が制約され比較的閉じた内部空間を、少しでものびやかにするために、曲面を用いて、空間を包み込むようなイメージを提案した。?また、入口以外の開口部は1階にはほぼなく、トップライトや、大きな窓は2階にあるので上部から光が降りてくる空間になっており、光の存在を感じやすくなっている。??